ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

日曜の東京のメインレースは3歳牝馬の頂上決戦、牝馬三冠の2戦目、芝2400mの第81回 優駿牝馬(オークス)(G1)。
このレースは桜花賞組とフローラS組が圧倒的に強い。2011年から中3年の周期で忘れな草の勝ち馬が勝っている。昨年、忘れな草の勝ち馬ラヴズオンリーユーが勝った。なので、神様の筋書だと今年は忘れな草の勝ち馬⑦ウインマイティーはないかな。
昨年は2着に12人気のカレンブーケドールが来たので、荒れたけど、近年はそれほど荒れるレースではない。なので、今年も1人気だと思うけど桜花賞馬の④デアリングタクトでいいかな、と思っている。
この距離は殆どの馬が未知の距離になるので、スローペースになることも多い。今年も⑧スマイルカナがハナを切ると思うので、たぶん、スローペースで落ち着くか、ミドルペースだと思う。たぶん、ハイペースにはならないと思う。となると、最後の直線が長い東京だし、やっぱり上がり勝負になりそう。近年は高速馬場でタイムも速いので、1分23秒台で上がり33秒台か、34秒台前半を使えそうな馬。スローペースでこのタイムだと33秒台の上がりじゃないと無理。そうなると、ある程度のスタミナも必要かな、とは思うんだけど。感じとしてはあんまり後ろからだと、スタミナ切れもあって届かないかな、と思うし、かといってハナか2番手で運んでいた馬も2010年のアグネスワルツ、2011年のピュアブリーゼが来たくらいで、近年は5番手位を追走している馬がベストなのかもしれない。
自分のプロファイルに一番近い馬は②クラヴァシュドールなんだけど、勝ち切れないし、軸にするにはちょっと不安かな。
自分の予想は

◎④デアリングタクト
〇①デゼル
▲②クラヴァシュドール
△⑤ホウオウピースフル
⑰マルターズディオサ
⑱サンクテュエール
⑬ウーマンズハート

④デアリングタクト
エピファネイア産駒。リステッドのエルフィンSではメンバー最速の脚でウオッカ以来の1分33秒台をマークして、後続に4馬身差の圧勝。重馬場の桜花賞も馬場の真ん中を一気に突き抜けて、デビューから無傷の3連勝で桜花賞最少キャリアV。馬場を問わずに長くいい脚を使える。父はジャパンカップを勝っているし、日本ダービーも2着。母の父キングカメハメハは日本ダービー馬。血統的に距離は問題なくこなせそう。末脚の破壊力もあって負ける要素があまりない。
①デゼル
ディープインパクト産駒。母のアヴニールセルタンは2014年の仏オークス馬。リステッドの前走のスイートピーSでは重賞でも好走していたメンバーを寄せ付けず、上がり32秒5という驚異的な末脚で本番への切符を手にした。3戦目でこのレースを勝てば史上初のオークス最少キャリアVになる。デアリングタクトに勝てるとしたら、この馬以外には考えられないのだけど。
②クラヴァシュドール
ハーツクライ産駒。中々勝ち切れないが、戦っている相手が違う。阪神ジュベナイルフィリーズ3着、桜花賞4着とG1でも安定した走り。重賞で常に上位に来ていることからも能力はかなり高い。東京のサウジアラビアロイヤルカップ(G3)でサリオス相手に2着と健闘した。ハーツクライ産駒なので、距離延長は良さそう。前走の桜花賞は馬場も悪く、3コーナー過ぎで窮屈になり、一旦ポジションを下げて、そこからデアリングタクトに次ぐ末脚で4着まで追い上げた。あそこで不利がなければ、確実にもっと上位に来ていたはず。今回は距離延長でこの馬にとっては巻き返すチャンスがありそう。
⑤ホウオウピースフル
オルフェーヴル産駒。フローラS(G2)は追い出しを待たされる場面があったが、追い上げて、勝ったウインマリリンとはタイム差なしの2着。スムーズなら勝っていたかも。ブラストワンピースの半妹。
⑰マルターズディオサ
キズナ産駒。前走の桜花賞は重馬場が応えて8着に。阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)2着、前々走のチューリップ賞(G2)では桜花賞の2~4着馬を抑えての勝ち。今回は長距離輸送のない東京でコンディショニング的には好材料。今回は天気も何とかなりそうだし、距離がちょっと不安だけど、操作性が良く、抜かせない勝負根性がある。前走8着で人気が落ちれば美味しい存在に。
⑱サンクテュエール
ディープインパクト産駒。シンザン記念(G3)の勝ち馬。前走の桜花賞(G1)で初めて連対を外したが、シンザン記念で4馬身差をつけて負かしたコルテジアは次走できさらぎ賞(G3)を勝っている。兄ヨシダは米国G1勝ち。東京はアルテミスステークス(G3)で2着に好走しているし、距離はちょっと不安だけど、鞍上がC.ルメール騎手なのでうまく立ち回るのではないかと思う。たぶん、先行すると思うので、うまく流れに乗れれば、ソウルスターリングとアーモンドアイで勝ってきたルメール騎手だけにこのレースのポイントは分かっているはず。たぶん4、5番手あたりのこのレースのベストのポジションで馬を運ぶはず。強敵が2頭いるけど、ポテンシャルは高いので食い込むチャンスはあると思っているんだけど。この馬も前走6着で人気を落とせば美味しい存在に。過去にはアーモンドアイとジェンティルドンナがシンザン記念を勝ってオークスで優勝している。
⑬ウーマンズハート
ハーツクライ産駒。たぶん全然人気ないな。殆どの馬がこの距離を走ったことがないので、ハーツクライ産駒のこの馬にはもしかしたら、距離的にはいいんじゃないかと思い入れてみたけど、うーんやっぱ消しかな。ポジショニングはこのレースのプロファイルに合っているんだけどな。上がりも結構速いし、展開次第では3着以内に来るのでは、と思ってみたりしたけど、これが来たら超大穴になっちゃうのかな。やっぱこれはリスクが高いかな。うーん、ここまで書いたけど、余計だったかも。やっぱ止めといた方がいいかな。うーん、これ入れたらバカだと思われちゃうかな。うーん、もう思われているからいいか。うーん、やっぱ消しだな。余計なこと書いちゃった。あー、時間無駄にした。

自分としては1着④デアリングタクト、2着①デゼルだと思うんだけど、3着は結構、混戦のような気もするし、④-①の馬連1万円でいいかな。うーん、神様の筋書はどうなっているんだろう。近3年1着は1人気、3着が2人気と3年間続いている。4年前は1人気が1着、2人気が2着。ってことは今年は4年続いて1着④デアリングタクト、3着①デゼルになるのもありかも。そうすると、④-①の1万円は怖いな。2着は5,6番人気だとすると、フローラS(G2)を勝った⑯ウインマリリンか、2着の⑤ホウオウピースフルあたりか。それとも⑩ミヤマザクラあたりかな。うーん、悩んでもバカだから答えは出ないか・・・。




競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント