ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

土曜日の阪神のメインレースは牝馬クラシック第一冠の桜花賞と同じ舞台で行われる芝1600mの第27回チューリップ賞(G2)。
このレースのプロファイルは前走が圧倒的に強い阪神JF組。過去4年単勝1人気は3勝、2着1回で連対を外していない。過去10年でも5勝、2着2回、3着1回と高信頼度。キャリア4戦以内。勝ち馬は全て前走3着以内。
ここは素直にプロファイルにピッタリの④レシステンシアを。このレースに圧倒的な強さを誇る阪神JF組でしかもその中で圧勝してきたのだから。1分32秒7の2歳コースレコードで2着のマルターズディオサに5馬身差の圧勝。ハイペースで逃げて、上がり3ハロンもメンバー最速とくれば、もうこの馬で決まりでしょう。しかも翌週、同舞台で行われた朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサイオスより0秒3も速かった。
レシステンシアとは抵抗という意味らしいけど、逃げてもこの馬に抵抗できそうな馬が何頭か気になるけど。うーん・・・、(#^.^#)ということで、今回は阪神JF組を重視してみましたー。
自分の予想は

◎④レシステンシア
〇①クラヴァシュドール
▲⑦ウーマンズハート
△⑬マルターズディオサ
⑤チェーンオブラブ
⑩スマイルカナ

④レシステンシア
ダイワメジャー産駒。新馬、ファンタジーS(G3)、阪神JF(G1)と3連勝中。このレースは近4年が上がり33秒台で来ないと3着以内に入って来れないので、瞬発力勝負になった時にちょっと微妙に不安だけど。あー、やっぱり①クラヴァシュドールか⑦ウーマンズハートの方がいいかな。でもあの前走のハイペースで押し切ったのを見たらやっぱり④レシステンシアでいいかな。1頭だけ格が違った感じだったし、でも1着づけは危ないかなー。うーん・・・。
①クラヴァシュドール
ハーツクライ産駒。デビューからの3戦はいずれも上がり3ハロンは上位のタイム。スピードの持続力もあるし、末脚にも安定感がある。デビュー2戦目のサウジアラビアRC(G3)では後にG1の朝日杯FSを制したサリオスから0秒2差の2着に。
⑦ウーマンズハート
こちらもハーツクライ産駒。瞬発力はこの世代でも最上位。前走はハイペースの厳しい流れでいつもの末脚の鋭さを発揮できなかった。今回は桜花賞の前哨戦だけに、それほど厳しい流れにはならないんじゃないかな、とは思っているんだけど。だとすればこの馬の切れ味が生きるかも。
⑬マルターズディオサ
キズナ産駒。ここまで4戦4連対と堅実に走っている。1週前追い切りではワーケアをあおるほどの動き。スタートがちょっと不安だけど、前走は練習の甲斐もあって五分に出た。末脚もあるし、展開次第ではレシステンシアに逆転できるポテンシャルはあると思うけど。
⑤チェーンオブラブ
ハーツクライ産駒。騎乗予定の石橋脩騎手によると、1週前追い切りではかなりいい感じだったみたいで、かなり調子を上げているみたい。スムーズに運べれば上位に来るチャンスはありそう。
⑩スマイルカナ
ディープインパクト産駒。もうちょっと馬格があればなぁ、と思うけど、逃げた時は3戦3勝とこの馬のパフォーマンスをフルに発揮できる。スタートが速いので、レシステンシアと序盤からやりあっちゃうと厳しくなっちゃうかもしれないけど、たぶん、そうなったらレシステンシアが控えると思うので。前走も逃げ切ってフェアリーステークス(G3)を重賞初制覇。この馬はディープインパクト産駒だけど、ラストの末脚勝負というよりスピードで押し切るタイプなので、その点もレシステンシアと同タイプ。柴田大知騎手が騎乗停止で丹内騎手に乗り替わる点がどうか。




競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m





おしゃべり鼻セレブ うさぎ
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
2018-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おしゃべり鼻セレブ うさぎ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント