ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 1』

ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 1』

今週の重賞は日曜日に東京競馬場でフェブラリーステークス(G1)の前哨戦、ダート1400mの第34回 根岸ステークス(G3)。
過去6年は中3週以内の馬は3着以内に来ていない。前走が1400m未満の馬は不振。ダート1400mだけど、このレースは逃げ、先行馬よりは中団から後方で脚をタメていた馬の方は成績がいい。コース適性の高い馬が結果を出している。
関西馬が優勢。
レースプロファイリングは中4週以上、前走1400m以上、実力のある差し・追い込み馬、コース適性の高い馬。
これで見ると③ミッキーワイルドが一番近いと思うんだけど、先週のブラストワンピースのように、力のある馬はプロファイリングに少しくらい合わなくても能力でカバーしちゃうので、今回も昨年の優勝馬⑤コパノキッキングが連覇しそうな気がするな。鞍上もO,マーフィ騎手だし、調教の時計も出ているみたいなので、余程のことがなければ3着以内には来ると思うので、これかな。うーん、でも圧倒的1人気になりそうなら③ミッキーワイルドにしようかな。どうしようかな・・・。
現時点での自分の予想は

◎⑤コパノキッキング
〇③ミッキーワイルド
▲⑪モズアスコット
△④ワンダーリーデル
⑮ダノンフェイス
⑦スマートアヴァロン
①テーオージーニアス

⑤コパノキッキング
昨年のこのレースの優勝馬。前走のカペラS(G3)も58キロを背負っていたが、最後の直線で鋭い末脚を発揮して勝った。鞍上は昨年と同じコンビのO,マーフィ騎手。直線の長い東京なので、中団あたりで脚をタメてくれれば。
③ミッキーワイルド
ロードカナロア産駒。同舞台の霜月Sではスタートで躓いたが、終わってみればオープン初勝利。この東京のダートは走り慣れているし(3,2,1,0)、このダート1400m(2,3,1,0)も適距離。
⑪モズアスコット
一昨年の安田記念(G1)の勝ち馬。初ダートがキーポイントだけど、実力上位なので、力を発揮すれば。初ダートで砂を被った時がどうか。不安な面もあるけど、戦ってきた相手がG1、G2クラスばかりなので勝ってもおかしくない。
④ワンダーリーデル
昨秋の武蔵野ステークス(G3)で重賞初制覇。1400mは全7勝中5勝と得意にしている距離。
⑮ダノンフェイス
この馬もプロファイリングに合っていると思うんだけど、展開次第では3着以内に来そうな気が。前走リステッドのすばるSでは、最後の直線で豪快な末脚発揮。前々走の武蔵野ステークス(G3)では3着に好走。6勝全てがダート1400mとこの距離は得意にしている。
⑦スマートアヴァロン
ここ3戦この距離で好走を続けている。もう少し内目の枠の方が良かったかも。ロスなく内を走って最後に外に出すのがこの馬のベストは走りみたいなので、包まれたりすると、厳しいかな。勝ち切れないけど展開次第では3着以内に来そうな気がする。
①テーオージーニアス
前走のカペラS(G3)で離されたけど、コパノキッキングの2着に。距離は1200mの方がいいと思うけど、内枠で上手くロスなく運べれば展開次第では上位に来そうな気がする。

⑥ワイドファラオが地力がある馬なので気になるけど、プロファイリングに合っていないので、ま、来たらしょうがないか。なんか今回も当たりそうにないな。




競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m





おしゃべり鼻セレブ うさぎ
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
2018-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おしゃべり鼻セレブ うさぎ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント