ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

土曜日の京都のメインレースは牝馬の芝1400m戦、第55回京都牝馬ステークス(G3)。
次週から中山、阪神、中京へと開催が移るので、京都開催も今週が最終週になる。2016年から開催時期が2回京都競馬の最終週になり、距離が1600mから1400mに短縮された。なのでヴィクトリアマイル(G1)を目指す馬だけでなく、高松宮記念(G1)芝1200mを目指す馬も出走する傾向がある。
最後の直線が約400mあるので、逃げ切るのはちょっと厳しい。
1400mに短縮された2016年からの過去4年は1人気の馬が3連勝していたが、昨年は9人気のデアレガーロが勝った。昨年は9,7,13人気で3連単286万馬券。過去4年優勝馬は4歳馬、5歳馬、4歳馬、5歳馬と来ているから今年は4歳馬の順だけど、関係ねぇかな。優勝馬は前走の人気が過去4年、5人気、6人気、5人気、5人気と来ているので、今年も前走5人気か6人気が来るかも。今年該当する馬は、ネリッサ(6人気)、ビーチサンバ(6人気)、モアナ(6人気)の3頭。前走5人気馬はいない。
過去4年、3着以内に入っている馬は4コーナーを3~10番手で回って来た馬。なので、あんまり後方からだと届かないかも。となると、中団から前にいる先行馬を軸にした方がいいのかも。
過去4年の3着以内馬は馬番⑩~⑮が12頭中10頭。しかも⑩は2勝2着2回と4頭全て連対している。今年も⑩の馬番は注目かな。①から⑤、⑯より外の馬は3着以内に入っていないので、そこは考慮した方がいいかも。
過去4年優勝馬4頭は全て前走1400m以上。1400m組は好走率も高い。
過去4年のデータでちょっと信頼しづらいけど、このレースをプロファイルすると、1人気で4、5歳馬。前走5、6人気。4コーナーを3~10番手で回って来そうな馬。前走1400m以上。馬番⑩~⑮。
これにピッタリなのはいないなぁ。一番近いのはサウンドキアラかな。人気がどうかな。1人気は桜花賞(G1)2着、秋華賞(3着)のシゲルピンクダイヤかな。馬番がどうなるかだな。ま、どうせオレの予想だから当たらないか。
現時点での自分の予想は

◎サウンドキアラ
〇シゲルピンクダイヤ
▲ビーチサンバ
△ドナウデルタ
メイショウショウブ
アルーシャ
プールヴィル
モアナ

サウンドキアラ
ディープインパクト産駒。前走得意の京都に舞台を移して京都金杯(G3)を制し重賞初制覇。53キロの軽ハンデとスタートを決めて内枠を生かし、牡馬を相手に1馬身1/4差をつけて快勝。1400mは2年ぶりでも流れには問題なく乗れそうだし、京都コースの適性を考えれば重賞連勝もあるでしょ。
シゲルピンクダイヤ
ダイワメジャー産駒。前走のターコイズステークス(G3)はコントラチェック、エスポワールの2頭の後塵を拝したが、小回りの中山ということで4コーナー2番手からの積極的な競馬をしたが功を奏しなかった。京都コースならG1戦線でも好走した鋭い末脚の武器が使える。1600m以上しか経験していないが、1400mへの距離短縮は速い流れを考えれば、折り合い面でもそれほど苦にはならないと思うので問題ないんじゃないかな。それよりもこの馬は道中でフワフワして気を抜くところがあるのでそれが課題。中山でもそれがあるので、積極的に前で勝負にいったが、京都なら秋華賞(G1)3着の力上位の実力を発揮できそう。
ビーチサンバ
クロフネ産駒。G1の桜花賞、秋華賞ともに5着、ローズS(G2)2着の実力。秋華賞は後続に突かれてハイペースで引っ張る形になってしまったが、それでも3着のシゲルピンクダイヤから0秒1差。力は前述の2頭とそれほど差がないと思うけど。ただ、ローズS,秋華賞と2戦とも4角で先頭で回って来ているので、ちょっとプロファイルに合わないけど、今回は休み明けとは思えない動きのよさに仕上がっているみたいなだし、距離短縮で渋太く粘り込めばチャンスは十分ありそう。
ドナウデルタ
ロードカナロア産駒。昨秋から芝1400mを3連勝でオープン入りを果たし、最も勢いのある馬といっていいかも。1400mは2着が1回あってあとは全て勝っている。5戦4勝2着1回と距離適性はベスト。京都の1400mで連勝中だし、現在の京都のタフな馬場にも対応できそう。母は2012年のこのレースを制したドナウブルー。叔母に名牝ジェンティルドンナという超良血馬。
メイショウショウブ
ダイワメジャー産駒。1400mは2歳未勝利戦で勝っているが、その時はダートのレース。芝では前々走の阪神カップ(G2)で3着に。それ以外は全て1600m以上のレースばかり。前走の京都金杯はちょっと負けすぎの感が。8キロ増が影響したのか、それとも馬場かな。馬場だと今のタフな京都はダメかな。前走も直線でばったり止まっちゃったからな。昨年は秋華賞を取消になったから走ってないけど、1昨年は3,1,2着と好走していて決して悪くはないと思ったんだけど。スピードもあるし、1400mの方がいいんじゃないかな、って思っているんだけど。でも今のタフな馬場が合わないとしたらやっぱダメかな。え、じゃ、書くなって言ってるだろって!・・・。
アルーシャ
ディープインパクト産駒。昨年はこのレース0秒3差の4着だったが、3ヵ月の休み明けの上に昇級初戦とあまりいい状況ではなかった。全5勝のうち3勝が芝1400m。この距離がベストだと思うし、今回は休み明け2戦目で一度叩いているので、力を発揮できそう。
プールヴィル
信越S、オーロカップとリステッドの1400mで連続僅差の2着と好走している。1400mは3,3,0,0とベストの距離。前で運べるし、直線の平坦な京都もよさそう。
モアナ
1400m戦は9戦して3着以内に来なかったのは1回だけ。その時は直線で前が開かず結局何もできずに終わった。前走も直線で全く反応がなく大敗。でも鞍上シュタルケ騎手だしうまく捌いてくれれば、距離適性は高いので、枠次第では超大穴になりそうな気が。たぶん人気ないし。

昨年のこのレースで半馬身差の2着と好走したリナーテも気になるけど、昨年は前走1600mのターコイズステークスだったが、今年はここまで5戦連続1200mを使っているので、折り合い面がどうかな。力はあるので、3着以内に来てもおかしくはないとは思うんだけど。あとは枠が決まってからかな。




競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m





おしゃべり鼻セレブ うさぎ
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
2018-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おしゃべり鼻セレブ うさぎ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント