ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

ヘルメスの独り言 『今週の重賞予想 2』

1/19(日)は中山で芝2000mの第60回京成杯(G3)。
皐月賞と同じ舞台とあって、以前は後に皐月賞や日本ダービーで好走する馬もいたが、ホープフルSがG1に昇格して、京成杯に出走する馬のレベルも低下傾向にある。
2008年以降の勝ち馬はキャリア4戦以内。勝ち馬2戦2勝馬は0,1,2,3。これはたぶん先の出走馬のレベルが下がっているので、3連勝するくらいの馬はホープフルSに回っちゃうから、というような気がする。5戦以上の馬は2014年以降の過去6年に限って見てみると、0,0,1,23ととてもヤバイ。このメンバーで該当するのは②のリメンバーメモリー。
過去10年で1人気、2人気どちらも3着以内に入らなかったのは、2013年だけ。2017~2019年の近3年は前走1着と2着の馬だけが3着以内に来ている。
関東馬が6勝。過去5年の優勝馬はいずれも前走が芝1800m以上のレースに出走。
先行有利な中山芝2000mでもこのレースは明け3歳馬ということで、余程の強い馬は別だけど、このタフなコースでは前が止まってしまうことが多い。なので、差し馬を重視した方がいいかも。
以前は外枠の馬が優勢だったけど、過去5年は①~⑧番の内枠の馬が優勢。
このレースプロファイリングに該当する馬は、①クリスタルブラックと⑥のゼノヴァース。2頭とも人気が1、2人気になるかといえば、ちょっと厳しいかもしれないが、このプロファイリングの条件にとても近い。
全く自信がないけど、前走同コース、同距離で勝っている⑥ゼノヴァースを本命にしようかな。鞍上マーフィ騎手だし、手腕に期待して。
現時点での自分の予想は

◎⑥ゼノヴァース
〇⑫スカイグルーヴ
▲①クリスタルブラック
△⑪ヴィアメント
⑧ヒュッゲ
⑤キングオブドラゴン
④ロールオブサンダー
⑦ディアスティマ

⑥ゼノヴァース
前走は今回と同舞台での勝利。最後の直線でディープインパクト産駒の切れ味発揮、2馬身半差の圧勝。前走と同舞台なので、経験はアドバンテージとして大きいんじゃないかと思う。今回は先行タイプが多いので、たぶん⑫、⑧、④あたりで前でやりあって消耗して中山の急坂で止まって⑫は強いので残るけど、この馬が差す。この馬には展開的に有利なんじゃないかと思っているんだけど。でも、こんなにうまくいかないよね。今年まだ重賞当たったことないし。でもレースプロファイリングに一番近い馬だし、鞍上は信頼と実績のO,マーフィ騎手なので手腕に期待。
キャリア3戦の馬が過去10年で6勝。このメンバーでは④ロールオブサンダー、⑥ゼノヴァース、⑧ヒュッゲの3頭が該当する。④と⑧は近2走逃げて勝っているので、このレースで逃げ切るのは厳しいんじゃないかな、と思っているんだけど。でももしこの2頭が逃げ切ったら、たぶん思っているよりも凄い馬なんだと思う。
⑫スカイグルーヴ
前走デビュー戦を5馬身差の圧勝。逃げてメンバー中最速の3ハロン上がりで勝っているのだから強いの一言。前走は逃げて勝ったけど鞍上C.ルメール騎手だけに差す競馬も頭に入れているはずだし、今回は2、3番手で行きそうな気がする。たぶん一番人気かな。ただ、東京しか走ってないし、右回りと小回りコースがちょっと不安。相手も強化するし、その時のレースの2着馬が4着、13着。3着馬が9着、8着とメンバーが弱すぎたんじゃないかって気もするし。
過去10年、8枠は3勝、2着3回。3勝は全て今回のスカイグルーヴと同じ大外枠。
①クリスタルブラック
人気なさそう。前走中山で出遅れたが、4角で大外へ出してからゴール前で抑える余裕での楽勝。しかも流れがスローでのこのパフォーマンス。流れがスローだったので時計的に人気がないと思うので、本気で走ればこの瞬発力発揮なら上位は確実と見た。ただ、また出遅れるとメンバー強化だけに厳しいかも。
⑪ヴィアメント
レースを使うごとにパフォーマンスを上げて来ている。中山コースも経験しているし、前走は不良馬場、前々走も稍重で勝ち馬とタイム差なし。良馬場ならもっと末脚が切れると思うし、鞍上は昨年の暮れから今年と調子がいいMデムーロ騎手。
⑧ヒュッゲ
デビュー戦は6着に終わったが、その後、未勝利、エリカ賞と連勝中。前走のエリカ賞はレース史上最速の2分0秒6で制した。長距離輸送と初の中山コースが課題かな。能力は相当あると思うけど、このレースで逃げて勝つのは厳しそう。でもこの馬のパフォーマンスを最大限に発揮するのは逃げが一番いいだろうし、うーん、どうかな。2,3着で勝つのは厳しいような気がするけど。
⑤キングオブドラゴン
福島、中山と小回りコースの芝2000mで連対している。2レースとも乗った三浦騎手は能力は相当高いといっていたし、並ばれると、抜かせない根性がある。小回りコースの芝2000mの適性は高そうだし、前走同舞台で勝っているのはアドバンテージになる。
④ロールオブサンダー
新馬、紫菊賞と連勝した後、京都2歳S(G3)は3着に。機動力があって、持続力のある末脚を使える。長く末脚を使えるのは中山でいいんじゃないかと思っているんだけど。勝つのは厳しいかもしれないが、3着以内に粘り込めそうな気がする。あれ、これ先週勝ったスマイルカナで使ったフレーズだ。もしかして、この馬が・・・。
⑦ディアスティマ
新馬戦を勝った後は、エリカ賞を3着。この馬も持久力があるし、中山向きの先行力があるので中山はいいんじゃないかと思っているんだけど。長距離輸送と初の中山コースがどうかな。

⑩ビターエンダーはとても気になるけど、過去10年7枠は0,0,0,20と良くないし、2戦とも東京なので、小回りの中山への対応がどうなのかな。あんまり考えても絞れないし、どうしようかな。どうせこのレースも当たらないんだろうな、じゃ、思い切ってビタちゃんさようなら。あー、でも来そうな気がするな・・・。





競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m





おしゃべり鼻セレブ うさぎ
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
2018-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おしゃべり鼻セレブ うさぎ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント