9月8日(日)のレース結果

9月8日(日)のレース結果
 
JRA出馬表はこちらから

本日の勝負レース1
中山10R 外房ステークス ダ右1200m 15:10
⑧はスピードがあるので、スムーズなら。

⑧-⑨⑤⑭②⑫
②メイショウミライ 今週も動きは良かった。中山の1200メートルは時計が速い時があるが、力は通用しそう。
⑤エターナルフレイム 前走は短距離戦にしては楽な流れだったが、突き放したように強い勝ち方だった。硬さもなくていい状態にあるし、右回りの中山に替わってもやれる。
⑧レッドアネラ 新潟の越後Sを除外されたあとは2週間ほど放牧に。むしろその時よりも状態面は上向いている。テンにスピードはあるし、あとは最後の詰めがどうか。
⑨メイショウサチシオ 昇級緒戦でもよく走っていたが、1000メートルは若干忙しかった。1200メートルで前進を。
⑫オルトグラフ 現状は1200メートルが合っている。今回は久々を使った上積みはありそう。あとはコース替わりへの対応が鍵。
⑭ノーフィアー 中間は在厩調整。疲れも見られず乗り込みは順調で、上積みもありそう。前走もいい競馬をしたし、現状この距離がベスト。勝ち鞍のある中山で前進を。
★3連複1頭軸5頭流し⑧-⑨⑤⑭②⑫各400円   計4000円
結果⑧②④

本日の勝負レース2
阪神11R セントウルステークス(G2) 芝右内1200m 15:35
⑦は1200mを走ってから3,2着と来たので、今日は1着の番かな。

⑦-⑫⑪⑧②④
②マテラスカイ 前走は予想以上に馬場が乾いた。あの馬場での1400メートルは微妙に長かった。先週の追い切りが少し重かったので、今週もしっかりやった。馬体の張りは徐々に戻っているし、動ける体になってきた。芝スタートでのダッシュは速いので、適性はある。
④イベリス 休ませて馬が大きくなっている感じ。今週はジョッキー騎乗で目一杯やらずに好時計が出たし、終いの動きも良かった。追走した攻めのように2、3番手で運んで、古馬相手にどれだけやれるか。
⑦タワーオブロンドン 札幌から中1週でも、稽古で動けているように体調は良好。距離も3度目だし、今回は斤量が57キロ。スムーズに流れに乗った競馬ができれば。
⑧ダイメイプリンセス 前走はこの馬向きの流れになったこともあるが、使いながら状態も戻ってきていた。稽古の動きも良かったし、状態は維持できている。開幕週で前有利な気がするが、この馬の競馬ができれば。
⑪アンヴァル 最近は行きっぷりが良くないが、その分終いに脚を使えるように。力をつけているし、脚質的にも今なら坂のあるコースもこなしてくれるはず。現状で強い相手にどれだけやれるか。
⑫ミスターメロディ 前走はスッと好位につけて、ラストも反応良く抜け出した。前々走は4角でぶつけられてのもので、敗因は明白。阪神Cで2着に来ているように、右回りでも問題ない。斤量は増えるが、先のことを考えれば克服しないと。風格も出てきたので緒戦から期待を。
★3連複1頭軸5頭流し⑦-⑫⑪⑧②④各400円   計4000円
結果⑦⑥④

本日の勝負レース3
阪神12R 3歳上2勝クラス ダ右1200m 16:10
⑮は前走の1000mより1200mの方がいいと思うし、調教もよく見えたので。

⑮-⑧⑫④⑭⑦
④サンライズカラマ 先週くらいからトモに実が入って、雰囲気は良くなってきている。
⑦オンリーワンスター 前走の馬体増は予想外だったが、数字ほど太く映らなかった。1200メートルの方が競馬がしやすいし、上積みもある。うまく噛み合えば。
⑧ヒップホップスワン 芝は合わなかったのでダートに戻す。ここ目標に調整は順調。元気はあるし、このクラスで上位争いできる力も持っている馬なので。
⑫アールロッソ 骨折明けだが、乗り込んでいる。ダートの短距離が合うし、1200メートルも向いている。
⑭メイショウバイタル 前回は芝だったし、前々回はチグハグなレースになってしまったので。仕上がりは悪くないので、スムーズに立ち回れさえすれば。
⑮デザートストーム 1000メートルだと忙しい。帰厩してここに備えた。タメればいい脚が使えるし、1200メートルなら。
★3連複1頭軸5頭流し⑮-⑧⑫④⑭⑦各400円   計4000円
結果⑮⑯⑤

◆1日3レース以内で勝負しています。
◆1レース3連複4000円以内で勝負しています。
◆馬券は自己責任で購入して下さい。責任は一切負えません。

《今月の勝負レースの収支》
投資額    36000円  回収額   9520円
収支   -26480円  回収率   26.4%
今日も完敗か。今月も厳しいな。
さて次週は、日曜日は阪神で牝馬の秋華賞へのトライアル戦、芝1800mのローズステークス(G2)。
ここは過去10年でキャリア5戦が4勝、キャリア6戦が3勝。なので、5戦のシゲルピンクダイヤ、6戦のウィクトーリア、スイープセレリタス、ビーチサンバあたりに注目か。前走オークス組が優勢なんだけど、出走頭数も多いのであまり参考にならないかも。前走オークス組はウィクトーリア、シゲルピンクダイヤ、シャドウディーヴァ、ダノンファンタジー、ビーチサンバ。中でも好走した4着のウィクトーリア、5着のダノンファンタジー、6着のシャドウディーヴァは有力か。近年は波乱傾向で、差し馬が強いけど、先行して粘る馬にも注意。前走好走している馬がいいので、そうすると特別レースで好走したアルティマリガーレ、スイープセレリタス、モアナアネラあたりも。前走との間隔が中5週以上ないと成績があまり良くないので、ビッグピクチャー、ラシェーラの2頭は消しでいいかも。
ここはどうかな、たぶん1人気だと思うけど、ダノンファンタジーでいいかな。やっぱりこの中で1番信頼できるし、でもな、近5年で1人気が2回しか3着以内に来ていないのが気になるな・・・。
現時点での自分の予想は

◎ダノンファンタジー
〇ウィクトーリア
▲シャドウディーヴァ
△シゲルピンクダイヤ
ビーチサンバ
スイープセレリタス
アルティマリガーレ
穴モアナアネラ

ダノンファンタジー
2歳女王。新馬戦は2着だったが、その後は未勝利戦、ファンタジーステークス(G3)、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、チューリップ賞(G2)と4連勝。今春のG1は桜花賞4着、オークス5着。桜花賞は少し力んだし、オークスはちょっと長かった。それでも0秒5差なので、力は示した。前走くらい折り合えれば、1800mは問題ない。前で運べるし、終いも確実に。距離短縮に加えて、4戦3勝の得意の阪神コース。
ウィクトーリア
持久力もあり、切れ味もあって、どんな競馬でも対応できる。オークス組でメンバー歳先着の4着。フローラS(G2)の勝ち馬。オークスはダノンファンタジーにアタマ差先着。スタートが不安だけど、前に行けばいい脚を長く使えるし、タメれば終い鋭く切れる脚があり、どんな競馬でもできる。逃げても差しても自在なので、展開には左右されにくいタイプ。右回りも不安はないし、大トビで広い阪神コースもいい。
シャドウディーヴァ
ハーツクライ産駒。先週の阪神の芝1800mは土曜日は未勝利戦でハーツクライ産駒が3着に。日曜日はムーンライトハンデ戦で2着、3着にハーツクライ産駒が来ている。先週はあと土曜日の野分特別も芝1800mだったが、こちらはハーツクライ産駒は3着以内にはいない。3戦で3頭が3着以内に来ているのはとても気になる。もう一頭のハーツクライ産駒はスイープセレリタス。そして、未勝利戦とムーンライトハンデ戦でキングカメハメハ産駒が勝っている。先週この芝1800mのコースで3戦中2戦で勝っているのはとっても気になる。キングカメハメハ産駒はモアナアネラだ。この馬がもんの凄ーく気になる。ヤバイ、この馬だけ前置きが長くなり過ぎた。シャドウディーヴァはフラワーカップ(G3)4着、フローラS(G2)2着。オークス(G1)6着と重賞でも上位に。しかもフローラSとオークスはウィクトーリアとタイム差なし。7戦中5戦で上がり3ハロン33秒台。決め手勝負なら直線の長い阪神コースは合っている。
シゲルピンクダイヤ
チューリップ賞(G2)、桜花賞(G1)と連続2着。桜花賞(G1)はスタート後に躓いて、後方からの競馬になったが、終いはいい脚を使って2着に。オークスは12着に負けたが、距離が長すぎた。ここは距離短縮で条件もいいし、春と違って脚元の不安もない。テンションが上がり過ぎるとゲートが不安。
ビーチサンバ
体形的にはマイラーで、実績も1600mで好走している。1800mに延びても折り合いの不安はないので距離に問題はなさそう。桜花賞(G1)はダノンファンタジーと0秒1差の5着。クイーンC(G3)は桜花賞、オークスと3着だったクロノジェネシスとクビ差の2着に。1勝馬だけど、重賞を勝ってもおかしくない能力はある。オークスは15着と大敗したが、外を回らされて、距離も長かったので仕方ない。4日のCWで自己ベストを出して、態勢は整っている。前走より距離短縮で掲示板を外したことがない阪神なら上位争いに。
スイープセレリタス
母はG1を3勝したスイープトウショウ。精神的な落ち着きが出たし、距離延長も問題なさそう。前走の月岡温泉特別は後方に控えた馬が2~4着を占めたが、好位から抜け出して押し切った勝ち方が見た目以上の強い勝ち。相手強化でも叩いた上積みもありそうだし、負けても0,2秒以上離されて負けたことがない。
アルティマリガーレ
連勝中の4戦3勝馬。2着だった2戦目は、勝負どころで追い出しを待たされた。勝ち馬とは仕掛けどころの差、スムーズだったら勝っていたかも。スタートセンスが良くて、根性もある。折り合いの心配はないので、1800mは問題ない。5日は坂路で自己ベスト。ここ2走が稍重なので、相手関係を考えると時計が早くなって対応できるかどうか。
モアナアネラ
出遅れたり、外へフラフラしたりとしていたけど、ここ3走でやっと競馬が分かってきたのか、走る気になったみたい。何しろキングカメハメハとジェンティルドンナの超良血馬の仔だからまともに走るようになって実力を発揮したら・・・。前走の勝ちっぷりからみると、相手は強くなるけど、そろそろ実力発揮かも。たぶん、今までの成績からそんなに人気にならないと思うのだけど。シャドウディーヴァのところで書いたように、キングカメハメハ産駒のこの馬がとっても気になるな。

ニュージーランドトロフィー(G2)で2着になったメイショウショウブも気になるけど、メンバーを見ると消しでいいかな。あまり広げるとガミっちゃいそうだし。今年は少頭数だから上位人気で決まりそうな気もするんだけど。


月曜日は中山で芝2200mのセントライト記念(G2)。
このレースはキャリア5~7戦の馬が好成績なので、エングレーバー5戦2勝、サトノラディウス5戦2勝、サトノルークス6戦3勝、シークレットラン6戦2勝、モズベッロ7戦2勝、ランフォザローゼス6戦1勝、ルヴォルグ5戦2勝を中心に見て、あとはキャリア8戦の馬が2着2回、3着3回と連対絡みなので、キャリア8戦の馬はエターナルヴィテス8戦2勝、オセアグレイト8戦3勝、タガノディアマンテ8戦1勝、ニシノデイジー8戦3勝、メイショウテンゲン8戦2勝と要注意で。この中でもニシノデイジーとランフォザローゼスは実績からいってもとても気になる馬。あとは、青葉賞(G2)の勝ち馬リオンリオンと新馬戦から3連勝でリステッドのプリンシパルSを勝ったザダルとこの4頭でいいんじゃないか、と思っているんだけど。
日本ダービーに出走していた馬が好成績なんだけど、今年はニシノデイジーとランフォザローゼス、タガノディアマンテ以外は二桁着順でしかも勝ち馬との着差も1秒以上だから、この3頭中心でいいかな。
直線の短い中山なので、前めの競馬で渋太く流れ込むパターンもありそう。あんまり後ろだと届かないこともありそうだし、先行する馬中心でいこうかな。
現時点での自分の予想は

◎ニシノデイジー
〇ランフォザローゼス
▲シークレットラン
△リオンリオン
ザダル
タガノディアマンテ
メイショウテンゲン
オセアグレイト
エングレーバー
サトノラディウス
ミューチャリー

ニシノデイジー
昨年は札幌2歳S(G3)、東スポ2歳S(G3)など重賞2勝してホープフルS(G1)も終い強烈な追い込みで3着に。ダービーは断然の1番人気のサートゥルナーリアとタイム差なしの5着に。今年になっても弥生賞(G2)4着、日本ダービー(G1)5着とこのメンバーの中では力は最上位だと思うのだけど。スタミナ比べでも上がり勝負でも対応できる能力がある。前々走の皐月賞(G1)は17着の大敗をしたが、向正面で他馬と接触してハミを噛んだのが原因。折り合い面に課題はあるけど、スムーズに実力を発揮すれば4着以下は考えられない。って先週書いたら、とんでもない結果になったからな。でも新馬戦から乗ってる勝浦騎手が鞍上だから大丈夫だとは思うけど・・・。
ランフォザローゼス
父はキングカメハメハ、母父ディープインパクト、祖母はエアグルーヴの超良血馬。前走の札幌記念(G2)は14着(ビリです)と大敗したけど、速い追切が実質1本と調教過程でうまく行かなかったので、これは参考外に。京成杯(G3)、青葉賞(G2)ともに重賞2着、日本ダービーは7着と実績からいっても能力は高く力上位は間違いない。他の有力馬が休み明けで秋初戦なのに対して、中3週とローテからいっても良さそうだし、実戦を使った上積みもあると思うので、期待していいかも。
シークレットラン
たぶん、そんなに人気にならないと思うけど。中山で4戦して2勝。中山での経験は豊富だし、京成杯(G3)が勝ち馬から0,4秒差の4着、スプリングステークス(G2)が0,5秒差の8着。と中山の重賞でも好走している。前走は戸崎騎手で10着に負けたけど、それ以外は全て内田博騎手が鞍上に。今回も内田博騎手に戻ったし、コース、距離ともに問題はないと思うので。ストライドの大きな走りをするので、瞬発力勝負になると厳しいけど、自分で動いて粘り込むような競馬をしてくれれば、このレースに合っていると思うのだけど。
リオンリオン
前々走の青葉賞(G2)で重賞初制覇。前走の日本ダービー(G1)は前半1000mの通過タイムが57秒8という猛ラップで後続を引っ張った。後続に脚を使わせるこの馬本来の自分のリズムでレースを運べれば上位に来そう。
ザダル
新馬戦からプリンシパルSまで3連勝。プリンシパルSが天候不良で1週順延になってしまったので、日本ダービー(G1)の出走を見送った。ポテンシャルは相当高く、レースセンスの良さと勝負根性があり、夏場を休養にあてて秋に備えた。まだ底を見せていないので、この秋のパフォーマンスに注目。
タガノディアマンテ
オルフェーヴル産駒で気性の激しさはあるが、堅実な末脚がある。今年初戦のきさらぎ賞(G3)はメンバー中最速の末脚で、直線猛然と追い込んで2着に。続くスプリングステークス(G2)も4コーナー10番手から渋太く脚を伸ばして、勝ち馬から0秒2差の4着。前走の日本ダービー(G1)は直線で寄られるシーンがあって9着に敗れた。トップクラスの瞬発力を秘めている。得意の瞬発力勝負に持ち込めれば。
メイショウテンゲン
弥生賞(G2)で重賞初制覇。皐月賞(G1)は15着、日本ダービー(G1)は10着に終わったが、ともに速い時計の決着で末脚不発に。約3ヵ月半の休み明けだけど、中山外回りで早めのスパートを決められれば。
オセアグレイト
オルフェーヴル産駒。3連勝中と勢いがある。デビュー6戦目で初勝利を上げたが、先行策から力強く抜け出して4馬身差の圧勝。レースセンスが良く相手強化になるけど、今の勢いなら。
エングレーバー
リステッドのプリンシパルSでタイム差なしの2着。中山は立ち回りの上手さが要求されるコースなので、器用なこの馬には合っている。
サトノラディウス
弥生賞(G2)は6着、前走の青葉賞(G2)は5着と重賞でも掲示板を外すか外さないかくらいの力はある。勝った新馬戦と梅花賞は前で競馬したので、今回も前で競馬をしてくれれば、距離は2000mか2400mしか走っていないので距離に問題はないし、中山も2000mを2回走っているので心配ない。展開次第で一発あるかな、と思うのだけど。
ミューチャリー
ジャパンダートダービー(JPN1)3着、東京ダービー2着と地方重賞では常に上位に。能力は高いと思うけど、たぶん小回りコース中山は対応できても芝の中央競馬の流れに乗れるかどうか。芝適性もちょっと不安だし、うーん、この馬は分からないな。(;^ω^)

次週は3日間開催だから、ほんと当てたいなぁー。


よかったら、こちらもご覧になって下さいね。
『競馬予想 My betting ticket』




競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m







おしゃべり鼻セレブ うさぎ
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
2018-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おしゃべり鼻セレブ うさぎ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント