7月21日(日)のレース結果

7月21日(日)のレース結果
 
JRA出馬表はこちらから

本日の勝負レース1
福島9R 白河特別(ハンデ) 芝右1200m 14:35
ここは調教もよく見えたし、堅実に結果を残している⑭を。

⑭-①⑦⑫②⑨
①シゲルベンガルトラ 中2週で最終週のここ目標に。前回同様に好調キープ。馬場の良否は問わないし、福島コースとの相性もいい。ハンデも妥当なところ。好勝負を期待。
②セイウンリリシイ 前走は競り込まれて息を入れられなかった。53キロはいいので見直したいが、右回りは外に張るし、馬場が悪いのも良くない。スンナリ行ければいいが。
⑦ツヅク 器用に立ち回れる馬。福島の1200メートルで勝っているし、この舞台は相性がいい。馬場のいいところをスムーズに走れれば。
⑨マリアズハート 外枠だった前走はレースでも外を回らされた。その後は放牧を挟んでここを目標に調整。いい状態に仕上がった。今回は古馬が相手だが、51キロのハンデを生かして好レースを期待。
⑫オジョーノキセキ 休み明けで若干重いかもしれないが、中間の坂路で好タイムを出しているし、新馬を勝った時のような雰囲気にある。下げて差す競馬が板についてきたし、ゲートさえ普通に出てくれれば。
⑭シセイヒテン 入厩後も順調で、直前は坂路でサラッと追ったが、状態面は大丈夫。56キロが他馬との比較でどうかだが、馬場が悪くならなければ。
★3連複1頭軸5頭流し⑭-①⑦⑫②⑨各400円   計4000円
結果⑬⑭⑨

本日の勝負レース2
函館10R 松前特別 芝右2000m 14:50
ここは昇級でも、前走ノーステッキで完勝した④を。

④-②⑪⑤⑥⑨
②フリージングレイン 前走はカラ馬がいて動くに動けず。勝ち馬にうまく逃げ切られてしまったが、この馬も差は詰めている。変わりなく、状態は良好。渋太さを生かせれば。
④イノセントミューズ スタートは少し遅かったが、4角から直線はいい脚を使った。洋芝は合うし、ノーステッキで勝った前走の勝ちっぷりなら昇級でも。
⑤ユニコーンライオン 前走でも抜け出してからフワッと。まだ本気で走っていないが、今は函館の環境にも慣れて楽になったのか、落ち着きが出てきた。滞在効果が見込めそう。
⑥トミケンボハテル 仕上がりは八分くらいだが、前走もそんな感じで好走している。あまりキッチリやらなくてもいいタイプ。芝も問題ないし、自分のペースで走れれば。
⑨スワーヴノートン もともとが叩き良化型。使って具合は上がってきている。初めての2000メートルで折り合いがどうかだが、前回のレースぶりならこなせそう。昇級でも。
⑪ムーンレイカー 前走はスタートで隣の馬の落馬に驚いてしまって、テンから進んでいかなかった。本来は器用に立ち回れるタイプだけに、リズム良く運べれば。
★3連複1頭軸5頭流し④-②⑪⑤⑥⑨各400円   計4000円
結果⑤⑪②
④は5着。


本日の勝負レース3
中京10R 尾頭橋特別 ダ左1400m 15:00
ここは調教がよく見えた⑮を。

⑮-⑭⑧⑤③⑫
③ハゼル ダート1400メートルが合っているので、ここを目標に調整。デキはいいし、揉まれずに運べれば。
⑤ソリストサンダー 前走はラストでいい脚を使っていたが、もう少し前で運ぶ形が理想。除外後も順調だし、能力的にもこのクラスは通用していいはず。改めて。
⑧シティーポップ 前走は持ち時計を詰めて、いい勝ち方をした。パワーをつけてきた印象。昇級だが、相手なりにやれそう。
⑫バレーロ 蒸し暑さが応えてきた気はするが、中間はゲート練習をしっかりと。スタートが決まれば。あとは再ブリンカーで。
⑭アスクハードスパン 血統から適性がありそうだった1400メートルで良さを出した。引き続き期待を。
⑮デンバーテソーロ 前走は出負け気味のスタートから押していったが、結局、流れには乗れていなかった。芝からのスタートなら前半からいい形で流れに乗れそう。
★3連複1頭軸5頭流し⑮-⑭⑧⑤③⑫各400円   計4000円
結果⑮⑭⑦

◆1日3レース以内で勝負しています。
◆1レース3連複4000円以内で勝負しています。
◆馬券は自己責任で購入して下さい。責任は一切負えません。

《今月の勝負レースの収支》
投資額  71900円  回収額  12510円
収支   -59390円  回収率   17.3%
今週も最悪の結果に。あーあ、もう間違いなく今月もダメだ。
さて次週は、新潟、小倉、札幌開催に。新潟では芝の直線コース1000mで行われるJRA唯一の重賞、アイビスサマーダッシュ(G3)。
開幕重賞なので、芝はいい状態。以前から新潟の芝千直は取り敢えず、外枠の先行馬を買っていれば何とかなる、というのが定説。ま、雨対策での馬場の傾斜等、色々あるんだろうね。夏は牝馬の定説そのままに、とにかく牝馬が強いレース。
過去8年で1人気が6勝、2着1回なので、軸は1人気からがいいかな。枠は勿論外枠だけど、2枠も頑張っている。8枠は5勝、2着3回。
過去10年で5歳馬が4勝。中心は4,5歳馬か。
過去10年でCBC賞からの臨戦が5勝、函館スプリントSからが2勝。昨年はいなかったけど、韋駄天Sからの臨戦が16年が2,3着に。17年が1,2着に来ている。なので、この3レースからの参戦馬に注目かな。
となると、邁進特別と韋駄天Sの共に新潟の芝千直を連勝しているライオンボスが1人気か。でもな、以前はダートを走っていた馬だし、芝に替わってここのところ急上昇してきた馬だから、信頼して大丈夫かな。怪しいのはミキノドラマーが2、3着になるような気がする。この馬、新潟の千直は合っているみたいで、近走は負けても着差が0,4秒以内。でもね、この馬後ろからの競馬だからな。前でレース出来る馬がいいんだけど。うーん、いい馬いないなぁ。展開的にはラブカンプーなんだけど、牝馬の4歳。でもこのところ二桁着順だしね。中17週のローテで馬がリフレッシュなんてこともないよね。昨年の勝ち馬でMデムーロ騎手騎乗のダイメイプリンセスも一頃の調子ではないし。韋駄天S2着のカッパツハッチあたりが勝つような気もするな。あー、もうダメだ。こりゃ、次週も当たらないな。藤田菜七子騎手騎乗のレッドラウダも気になるけど。
現時点での自分の予想は

◎ライオンボス
〇カッパツハッチ
▲ダイメイプリンセス
△ビップライブリー
ミキノドラマー
カイザーメランジェ
レジーナフォルテ
穴ラブカンプー

ライオンボス
初の千直だった2走前の邁進特別で5馬身差の圧勝。次戦の韋駄天Sも制して連勝中。韋駄天Sは両サイドに挟まれる形になったが、スピードの違いでハナに立ってからは突き放しての快勝。連勝時の53キロから今回3キロ増の56キロがどうか。3走前、4走前は56キロでともに16着。その前は54キロで4着。
カッパツハッチ
韋駄天Sでは1人気のライオンボスに渋太く迫ったが、ラスト1ハロンで突き放された。追い出しを待たずにスパートしていれば勝っていたかも、というレースだった。時計的にも54秒0はいい。今回2キロ重くなって54キロがどうか。
ダイメイプリンセス
昨年の覇者。この舞台は3戦3勝。前走の鞍馬Sは57キロを背負っての8着。今回は2キロ軽い55キロでの出走。ただ、Mデムーロ騎手との相性があまり良くない気がする。
ビップライブリー
2走前のリステッドの春雷Sで久しぶりの勝利。前走のCBC賞(G3)は5着に。スタートがよくいい位置でレースを運べたが、最後は休み明けの影響か甘くなってしまった。力上位だと思うので3着以内には来そうな気が。
ミキノドラマー
韋駄天Sはテンション高めが影響か、スタートで後手を踏んだ。それでも二の脚で挽回して中団へ。ラストはメンバー最速の上がりで3着に。今回は斤量2キロ増の56キロがどうか。何かこの馬が来そうな気もするけど。
カイザーメランジェ
函館スプリントSを制して重賞初制覇。でもこのレース薬物禁止問題で6頭も除外になったレース。韋駄天Sは初めての直線競馬で6着に。
レジーナフォルテ
昨年4着。3走前のリステッドの春雷Sでは勝ったビップライブリーからタイム差なしの2着に。前走のバーデンバーデンカップは落鉄のアクシデントと道悪の影響で5着に。落鉄がなければ、もっと僅差のレースだった。今回中1週のローテがどうか。
穴ラブカンプー
昨年2着。昨年のスプリンターズステークス(G1)で2着。その後は二桁着順が続いている。力はある馬だが、このところメンタルの問題なのか。


札幌では牝馬の重賞レース、クイーンステークス(G3)。
7歳馬は3着以内がない。6歳馬も3着内率10%以下。3~5歳馬を中心に。間隔は中10~11週がいい感じ。昨年は4ヵ月のディアドラが1着、5ヵ月のフロンテアクイーンが2着に。馬番②が過去5年連続3着以内に。
ここは秋華賞(G1)でアーモンドアイの2着になったミッキーチャームが能力的に上かなと思うのだけど。対抗はフロンテアクイーン。両馬ともに中10週だし、ミッキーチャームは4歳馬。あとは地力のあるウラヌスチャームで決まりだと思うのだけど。どうせ“はずれ”るからミッキーチャーム、フロンテアクイーン、ウラヌスチャームの順で3連単10000円でいくかな。うーん、でも5000円位にして、残りはミッキーチャームから馬連で流すかな。ほんとオレって小心者だな。
現時点での自分の予想は

◎ミッキーチャーム
〇フロンテアクイーン
▲ウラヌスチャーム
△サトノガーネット
ダノングレース
スカーレットカラー
エイシンティンクル
穴ウインシャトレーヌ

ミッキーチャーム
長距離輸送でテンションが上がるタイプなので、滞在競馬はいい。昨年の北海道シリーズでも滞在して3連勝。レコード決着のヴィクトリアマイル(G1)は8着だったが、その前の阪神牝馬S(G2)の勝ち馬。ここ2戦はマイル戦だけど、秋華賞(G1)2着だし、昨年の北海道で3連勝した時はいづれも1800mなので、距離は問題ない。
フロンテアクイーン
昨年の2着馬。牝馬同士のG3戦は1勝、2着5回、3着1回。前走のヴィクトリアマイル(G1)は大外枠で外々を回るロスの多い競馬をさせられて15着に大敗した。2走前の中山牝馬S(G3)を勝ったように、マイルよりは1800mに適性がありそう。1800mは4つの重賞を含む7連対。実力上位は間違いない。
ウラヌスチャーム
中山牝馬S(G3)は勝ったフロンテアクイーンとタイム差なしの2着に惜敗した。直線から勢い良く伸びたが、ハナ差届かなかった。スタート後に他馬との接触がなかったら、差し切っていたかも。今回2キロ増の初めての55キロがどうか。
サトノガーネット
近走、三田特別、五稜郭Sと2勝クラス、3勝クラスを連勝。展開次第で差し有利の競馬になれば。
ダノングレース
福島牝馬S(G3)で3着。札幌は2戦して1、3着と洋芝は大丈夫。
スカーレットカラー
マーメイドS(G3)では接戦の3着に。1、2着馬はともにスカーレットカラーより2キロ軽い51キロだった。55キロは2走前のパールSで勝っている。今回は1ハロン短縮で上積みもありそうなので。
エイシンティンクル
リステッドの牡馬相手の都大路Sで3着。初の札幌だけど、小回りの札幌コースで粘り込む可能性がありそう。
穴ウインシャトレーヌ
男勝りの馬体で、二の脚でスッと先行できる。力みのないフォームで終いの反応も良くなった。札幌は1勝しているし、前走は展開不向きで7着だったが、前々走の葉山特別は逃げ馬のペースにも助けられたが、ゴール前にグイっと伸びて快勝。
気になる馬カリビアンゴールド
札幌で1勝(日高特別)している。前走の五稜郭Sではサトノガーネットとタイム差なしの2着に。レイエンダの3着に来たり、ディアドラの2着に来たりと潜在能力はありそう。

来週は何とかしたいな。このままだと今月もまた赤っ恥だな。・・・。


よかったら、こちらもご覧になって下さいね。
『競馬予想 My betting ticket』




競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m







おしゃべり鼻セレブ うさぎ
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
2018-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おしゃべり鼻セレブ うさぎ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







この記事へのコメント