5月19日(日)のレース結果

5月19日(日)のレース結果

それでは本日の予想はこちらです。 
JRA出馬表はこちらから

本日の勝負レース1
東京9R 日吉特別 ダ左1300m 14:25
⑯の前走はあと少しというところでゴール。今回はレーン騎手だし、何とかなるんじゃ。

⑯-⑦⑩⑧⑭⑨
⑦メイショウサチシオ 東京でも好走しているように左回りでも問題ない。久々でも動きはいいし、仕上がりは良好。
⑧キタサンタイドー 夏場の疲れが残っていたようなので、ジックリと休ませた。雰囲気はいい。前々走に乗った横山典騎手も距離はこれくらいでもいいと言っていた。
⑨カレイドスコープ 終いは差を詰めてくるが、1200メートルだと少し忙しい。レースを覚えた今はもう少し距離があった方が良さそう。中止になって延びた影響はないので改めて期待。
⑩メイショウミライ 休み明けの前走が惜しい競馬。叩き2走目で上積みもありそうだし、再度上位争いを期待。
⑭アカツキジョー 能力は高いし、本当に良くなればこのクラスでも走れる。
⑯モルゲンロート 前走が上手なレースで、いい脚を使ってくれた。折り合い面で良くなったので、今なら1300メートルでも気にならない。相手次第では。
★3連複1頭軸5頭流し⑯-⑦⑩⑧⑭⑨各400円    計4000円
結果⑦⑩⑨
⑯は10着。ちょっと伸びなかったか。


本日の勝負レース2
京都10R 鳳雛ステークス(L) ダ右1800m 14:50
ここは安定して上位に来ている⑦を。

⑦-⑤④③⑧⑥
③メイショウアステカ 叩いた上積みはある。ハナにはこだわらないが、瞬発力があるタイプではないので、うまく前で運べれば。
④マドラスチェック ダート替わりの前走で2勝目。期待通り、いい内容。その後は放牧を挟んでこのレース目標。1週前にジョッキーにしっかり動かしてもらって、直前はサラッと坂路で。態勢は整っているので、あとは相手関係。
⑤リワードアンヴァル 前走の勝ちっぷり、時計とも優秀だった。センスがいい馬だし、状態は更に良くなっている。
⑥メスキータ 急仕上げ気味だっただけに、使った上積みは大きい。展開次第だが、頭数が落ち着いて、レースはしやすそう。
⑦ハヤブサナンデクン まだ緩さがあって良化の余地を残しているが、レースへ行ってセンスのいい馬。中間の動きはいいし、ここでも。
⑧ポップフランセ まだ揉まれ込んだ時の課題は残るが、力はある馬。この頭数はいい材料だし、再度、前走のようにスムーズに運べれば。
★3連複1頭軸5頭流し⑦-⑤④③⑧⑥各400円    計4000円
結果④⑤⑦   550×4=2200円的中!
超安!


本日の勝負レース3
東京12R 丹沢ステークス(ハンデ) ダ左2100m 16:25
ここは昇級後、堅実な結果を残している⑤を。

⑤-⑫③⑯④⑪⑭
③アドラメレク 体調は安定。相手が強くなる分どうかだが、引き続き同じ舞台で、ハンデ戦。どれだけ頑張れるか。
④シロニイ 前走はもみくちゃに。自分のリズムで気分良く走れないと、メンタルの弱さが出てしまうので、スムーズなレースができれば。
⑤フリーフリッカー 前走でもよく頑張っているが、やはり切れる脚が使えない分が。少し脚抜きのいい馬場の方がいいけど、大崩れはなさそうで。
⑪バレッティ 前走は持ち時計も詰めたし、準オープンに上がって一番の内容。2100メートルがどうかも、鞍上は大丈夫と言っていた。
⑫オメガドラクロワ 前走は気持ちが途切れることなく、終いにしっかりと脚を使えた。同じ騎手で連戦できるのはなによりで、好勝負を期待。
⑭メイプルブラザー テンのペースが速くて後ろからになったが、外々を回りながらよく追い上げてきた。この舞台には実績もある。前進を。
⑯ナンヨープルートー 前走でもバテずに差を詰めてきたし、この舞台は合う。状態も維持しているので、4角先頭ぐらいの競馬ができれば。
★3連複1頭軸6頭流し⑤-⑫③⑯④⑪⑭各200円    3000円
3連複1頭軸5頭流し⑤-⑫③⑯④⑪各100円   1000円   計4000円
結果⑮⑤③

◆1日3レース以内で勝負しています。
◆1レース3連複4000円以内で勝負しています。
◆馬券は自己責任で購入して下さい。責任は一切負えません。

《今月の勝負レースの収支》
投資額   67400円  回収額    5640円
収支   -61760円  回収率     8.3%
あーあ、今週も悲しい結果に。お手上げ状態どころか足まで上げないと。
さて嫌なことは忘れて次週は、いよいよダービー週。
土曜日は京都で葵ステークス。
昨年から新設された重賞だけど、未格付け重賞なんだよね。グレードもついてないし、リステッドもついてない。なんで?ま、そんなことどうでもいいかな。
今のところ本命は、ディアンドル。新馬戦はファンタジストにクビ差負けて2着だったけど、その後4連勝。5戦全て1200mで走り慣れている。右回りは負けたことがないし、持ち時計もいい。このメンバーの中では間違いなく力上位だと思うのだけど。対抗は、アイラブテーラー。前走は武器の末脚でラスト中団から一気のゴボウ抜き。軽い走りなので、京都は合いそう。あとは、アウィルアウェイ。前走の桜花賞10着は位置取りが悪く、道中ゴチャついた。前に壁が作れないと掛かる馬なので、1200mはよさそう。瞬発力勝負は得意なので、この馬も京都の軽い芝は合いそう。体形的にもスプリンター寄りな馬。東京の1400mで出した上がり3F32,8秒はこのメンバーの中で最速。あとはディープダイバー。朝日杯FS(G1)で、勝ったアドマイヤマーズから0,8秒差の5着。距離もちょっと長かったかも。実績を見ても力上位で能力も高い。この馬が勝ってもおかしくないとは思うけど、実績のある分背負わされる57キロがちょっと心配。あとは、エイティーンガール。軽い走りで雨が降るとどうかだけど、京都に替わって1ハロン短縮はいい。あとはファイトフォーラヴ。時計勝負になると厳しいけど、雨が降って時計のかかる馬場になれば、チャンスはありそう。距離も1200mは結果を出しているので。1400mはちょっと長いのかも。雨が降ったら思い切ってこの馬で勝負もありかも。あとは、マリアズハート。センスがあって、決め手もあるけど、テンションが高いのがちょっと・・・。あとは、ローゼンクリーガー。京都は連対を外していないけど、距離が短くなってどうか。あとはこのメンバーの中で、最速の持ち時計を持っているケイアイサクソニーとラミエルも気になる。
日曜日は東京で目黒記念(G2)(ハンデ)。
なんでいつもダービーの後にやるのか気になってるんだけど、どうもダービーの前身の第一回東京優駿大競争が目黒競馬場で行われたことに起因するらしい。ダービー当日の最終レースとして慣例化している。
今のところ本命は、ブラストワンピース。今のところというより、たぶんこれにする。有馬記念を勝ったG1馬であることは勿論だけど、このところG1レースを主戦場にして、上位に来ていることを見ても、G2、G3を主戦場にしている他の有力馬とは実力最上位であることは間違いないと思っているので、これにするつもり。だけど、ハンデの59キロがちょっと気になる。
対抗は昨年の青葉賞(G2)の勝ち馬ゴーフォザサミット。その後のダービーでは1角で前をカットされる不利を受けて思ったより後ろからの競馬になってしまい、ジリジリと差を詰めての7着。中々、体調の調整がうまく行かず6ヶ月休養した後の日経賞(G2)は5着。東京の2500mはいいと思うので、大幅な上積みもありそう。
あとは、ムイトオブリガード。同じ舞台のアルゼンチン共和国杯(G2)で2着に。今回とは100m短いけど、東京芝2400mは青嵐賞、町田特別、六社ステークスと3連勝。あとはソールインパクト。メトロポリタンステークスが悪天候で中止になってしまい、レース間隔が開いてしまったけど、昨年の目黒記念は5着。オーストラリア遠征は結果が出なかったけど、帰国後はダイヤモンドステークス(G3)、阪神大賞典(G2)ともに4着。ただ、勝ち馬とは着差があるのでどうかな。あとはルックトゥワイス。力はある馬だとは思うけど、勝ち鞍にムラがあるのでちょっと。でもレーン騎手だから気になる。うまくコントロールすれば力を発揮するかも。あとはアイスバブル。休み明けは苦にしないし、54キロもいい。とても気になる馬の1頭。あとはウインテンダネス。昨年の勝ち馬だけど、前走は馬場が合わなかったのか、追ってからも反応がなかった。あとは昨年4着のポポカテペトルも気になる。Mデムーロ騎手が騎乗予定だし。
そして日本ダービー。
今年の3歳馬の7071頭の頂点を目指すレース。
過去10年で9勝、2着7回、3着4回と皐月賞組が圧倒的な成績。あとは青葉賞組と京都新聞杯組から。
過去10年で4勝、2着2回、3着1回の1枠の成績がいい。
今のところ本命は、4戦4勝で皐月賞(G1)を制したサートゥルナーリア。ルメール騎手が騎乗停止で替わりにレーン騎手に。レーン騎手なら、いきなりダービー勝つのもあり得る。というか勝ちそうな気がする。今のところではなく、もうこれにする。ホープフルS(G1)、皐月賞(G1)を勝って、無敗でクラシック2冠目を。母のシーザリオは日本とアメリカのオークス(ともにG1)を勝っているし、父はロードカナロアという超良血。
対抗はヴェロックス。皐月賞で直線で不利を受けながらタイム差なしの2着。連対を外したのは東スポ2歳S(G3)の4着だけ。騎乗の川田騎手はこのところ3戦連続騎乗していてこの馬のことはよくわかっているはず。川田騎手は2016年、皐月賞で2着だったマカヒキをダービー馬にした過去がある。今回も2着のヴェロックスをダービー馬にできるか。
あとは皐月賞はタイム差なしの3着のダノンキングリー。東京は新馬戦、共同通信杯(G3)と2戦2勝。あとは、リオンリオン。ダービーと同じコースで行われる青葉賞を逃げ切り勝ち。あとは、ランフォザローゼス。1勝馬だけど、葉牡丹賞、京成杯、青葉賞と全て2着。連対率は100%。名牝エアグルーヴを祖母に持つ良血馬。あとは、レッドジェニアル。京都新聞杯で重賞初制覇。あとは、NHKマイル4着できさらぎ賞の勝ち馬ダノンチェイサー。あとはホープフルS(G1)2着のアドマイヤジャスタ。Mデムーロ騎手が騎乗予定。あとは、皐月賞5着のクラージュゲリエ、弥生賞2着のシュヴァルツリーゼ、弥生賞4着のニシノデイジーあたりか。
ちょっと気になるのは、スプリングS(G2)の勝ち馬エメラルファイト。この馬も有力馬の1頭だと思うけど、平成最初のダービー馬はウィナーズサークル。唯一の芦毛のダービー馬。令和最初のダービーももしかしたら、芦毛の馬かも。もう一頭の芦毛は弥生賞(G2)の勝ち馬メイショウテンゲン。ウィナーズサークルの誕生日は1986年の4月10日。エメラルファイトの誕生日は30年後の2016年4月9日、あーあ、一日前かよ。惜しいなぁ。メイショウテンゲンの誕生日は2016年の3月10日、あーあ、1ヶ月前かよ。惜しいなぁ。運命的な何かがって書こうと思ったけどないか。でもこの2頭が勝つ可能性はゼロとはいえないと思うけど。ゼロはない、ゼロはない、0はない、令はない、令和ない。はぁー苦しい。ゼロは令和と繋がるのかも。うーん、ないかな。・・・。


よかったら、こちらもご覧になって下さいね。
『競馬予想 My betting ticket』


競馬ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m





おしゃべり鼻セレブ うさぎ
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
2018-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おしゃべり鼻セレブ うさぎ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




勝負師の極意 (双葉文庫)
双葉社
武 豊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勝負師の極意 (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック