ヘルメスの独り言   本日のテーマは『北朝鮮が国連制裁決議に反発』

このブログ、週末の競馬しか使ってなかったので、平日も気が向いたら独り言でも書こうと思います。よかったら暇つぶしに読んで下さい。
本日のテーマは『北朝鮮が国連制裁決議に反発』
北朝鮮は国連安全保障理事会の新たな北朝鮮制裁決議について「極悪・非道な挑発行為の産物とし、全面的に排撃する」と強く反発しました。
伯父や血の繋がった兄を殺しておいて、どちらが極悪・非道なのか判りませんが、もし北朝鮮がグアムの近海やアメリカの領海にミサイルを撃ち込めば、今度はアメリカの大義名分になってしまい、部分的にも戦争が起こってしまいそうです。日本もとばっちりを受けることは間違いありません。石油を止められ、まるで太平洋戦争直前の日本のような状態になりつつあるのかも。中国からの原油は粘り気があり、途中で止めるとパイプが元に戻らない可能性がある、ということでたぶん全面ストップにはこれからもならないと思いますが、これから北朝鮮が何をするか分からないのでとても心配です。
トランプ大統領のいう「究極的に科されるべき制裁」とは何のことなんでしょうか。戦争を意味しているのでしょうか。
北朝鮮が一刻も早く完成間近と言われている、ICBMに搭載可能な核の小型化を急ぐ為、また核実験、ミサイル発射実験等を相次いで実行することは予想できます。
本当に恐ろしいのは、これが完成すれば、北朝鮮がこれをビジネスとして完成品をISのようなテロ組織、独裁国家に売り捌くことです。覚せい剤を売り捌くどころの話ではありません。ドラマや映画の世界の出来事がこの現実世界で実際の出来事として起こるかも知れないのです。それだけは絶対に阻止しなければなりません。日本の上空にミサイルが飛んでくるどころの話ではなくなります。いつ何処から核ミサイルが飛んでくるかもしれなくなるのです。そう考えると、この北朝鮮危機はあのキューバ危機の時よりも、もしかしたら深刻なのかもしれません。
日本が安倍首相がアベ・マリアのような存在になって、この危機を回避する役目になるのでしょうか、それとも中国やロシアが動くのか、何とか無事にこの北朝鮮危機を回避して頂きたいものです。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
ポチっと応援お願いします。m(__)m








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック